記事一覧




2016年秋アニメ感想

「【2016年秋アニメ感想】(5話まで)さよなら、厭世観(えんせいかん)ラジオ」をアップしました。


【感想】昭和元禄落語心中 第13話(最終話)

昭和元禄落語心中 第13話(最終話)の感想です。ネタバレあるので注意してください。助六の死の真相が明かされて終わった12話でした。冒頭件の事件の後処理を済ませて東京に帰る菊比古。自分の手で助六と八雲の因縁を終わらせる為に、八雲の名を継ぐことにする。東京には小夏も連れてきて、菊比古が親代わりとなる。小夏は親を失った悲しみに暮れており、その感情を素直にぶつける大人はおらず、菊比古もそんな役回りはごめんだと...

続きを読む

【感想】昭和元禄落語心中 第12話

昭和元禄落語心中 第12話の感想です。ネタバレあるので注意してください。「菊さん・・・。やっと来てくれたんだ」で終わった怖い11話でしたね。冒頭旅館での落語公演の準備をする一行。小夏が嬉々として一生懸命に働く中、助六は前向きに取り組めていない様子。そこに、松田さんが登場。あまりに、菊比古が戻らないから心配して来たんだそうだ。あと、誰もいないから寂しかったらしい。松田さんは「客はみんな助六を待っている」...

続きを読む

【感想】昭和元禄落語心中 第11話

昭和元禄落語心中 第11話の感想です。ネタバレあるので注意してください。助六を迎えに田舎までやってきた菊比古。そこで出会ったのは蕎麦屋で落語を披露する「小夏」だった、という感じで終わった10話でした。冒頭蕎麦を食べる小夏。可愛い・・・菊比古は小夏に助六のもとに案内させようとするが、小夏は菊比古に反抗的な態度を取る。しかし、蕎麦屋の女将が「もしかして、落語家さん?」と菊比古が落語家であることを指摘した途...

続きを読む

【感想】昭和元禄落語心中 第10話

「さよなら、厭世観(えんせいかん)」へ、ようこそ!昭和元禄落語心中 第10話の感想です。ネタバレあるので注意してください。助六が八雲を破門され、みよ吉は助六との子供を授かる。落語に関して後ろ向きな助六に対し、菊比古が「落語だけはやめるな」と懇願するようなカットで終わった9話でした。冒頭「菊比古師匠。僕を弟子にしてやってください!!!」菊比古に弟子入りを志願する若者。師匠は「人気者は辛ぇな」とボソッと...

続きを読む

【感想】昭和元禄落語心中 第9話

昭和元禄落語心中 第9話の感想です。ネタバレあるので注意してください。お互いに落語を頑張ろう!と友情を深めた8話でしたね。冒頭晴れて真打になった菊比古と助六。しかし相変わらず、師匠たちに良く思われていない助六。会長に小言を言われる。それに対する当てつけ半分、真打デビューの景気付け半分。助六は会長の十八番である「居残り佐平次」という演目をかける。客は大ウケで、助六は舞い上がる。菊比古がほっこりしてい...

続きを読む

【感想】昭和元禄落語心中 第8話

昭和元禄落語心中 第8話の感想です。ネタバレあるので注意してください。菊比古を待つみよ吉の艶かしいシーンで終わった7話でしたね。冒頭師匠との地方巡業。風鈴とひまわり。昭和の夏。菊比古の落語シーンからスタート。かなり評判は良いみたいですね。菊比古は真打になりたいと師匠に話す。真打になればお世話になってきた人に恩返しができる。ともかく、今は落語をするのが楽しい。師匠は助六のことで頭をかかえている様子。...

続きを読む

【感想】昭和元禄落語心中 第7話

昭和元禄落語心中 第7話の感想です。ネタバレ注意してください。「自分の為に落語をする。落語は自分の存在意義なんだ!」と八雲が気づいた6話でした。冒頭※今まで菊比古のことをずっと「八雲」と呼んでいましたが、これからの物語の進行上、ややこしくなりそうなので菊比古と呼びます。助六と菊比古の落語でスタート。お互い好調な様子。師匠も菊比古を認めている様子。どうやら、助六は想像以上の問題児のようで、他の師匠から...

続きを読む

【感想】昭和元禄落語心中 第6話

昭和元禄落語心中 第6話の感想です。ネタバレあるので注意してください。若手を集めた舞台演劇で、女装する男の役を演じた八雲。客の注目を集めて高揚感を味わい、艶のある演技が向いていると指摘された5話でした。冒頭5話の続きからスタート。成功に終わった舞台演劇の打ち上げが始まる。夜中だったが、ミヨキチを家まで送っていかない八雲。2人の仲は、まだ微妙のようだ。それなりの関係だけど、言葉で確かめ合ってはいない...

続きを読む

【感想】昭和元禄落語心中 第5話

昭和元禄落語心中 第5話の感想です。ネタバレあるので注意してください。八雲とミヨキチの逢瀬に波乱の予感がして終わった4話でした。冒頭3話にはあったが4話にはなかったopからスタート。夜遊びする助六と、落語の練習をする八雲の対比から始まる。ところが、世間から評価されているのは助六。ミヨキチの話題になるが、世間話程度。翌日偶然、八雲が街でミヨキチに会う。その流れで、ミヨキチの家へ。なんかもう関係が出来上...

続きを読む

【感想】昭和元禄落語心中 第4話

昭和元禄落語心中 第4話の感想です。ネタバレあるので注意してください。師匠と助六が帰ってきたところで終わった3話。冒頭3話であったOPは無し。あれは何だったんだ?喫茶店か何かのボーイをしている八雲。なんかモテモテで、あれだ。悲しくなった。八雲は世間に落語であることを隠している様子だ。助六は、その日暮らしで過ごしながらも落語家として世間に認知されていっている様子。一方、八雲は喫茶店で働いて細々と生活し...

続きを読む

スポンサードリンク

プロフィール

hisashi

Author:hisashi
大学時代に世界一周したら、オタクになって日本に帰ってきました。

アニメ、漫画、音楽、小説、映画など!
基本的に物語が好きなので、そういったことについて記事を書いています。

ブログランキング

投票よろしく!!!

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


ブログのアクセスUPならアルファポリスへ!

スポンサードリンク

ラジオ

さよなら、厭世観ラジオ


投稿済みラジオ

【感想・総評価】『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』


【感想と総評価】『この素晴らしい世界に祝福を』


【感想と総評価】『灰と幻想のグリムガル』


【感想と総評価】『昭和元禄落語心中』


【感想と総評価】『僕だけがいない街』


【2016年春アニメ感想】(5話まで)


【感想と総評価】『迷家-マヨイガ-』


【感想と総評価】『Re:ゼロから始める異世界生活』

【感想と総評価】『ジョーカー・ゲーム』


【感想と総評価】『キズナイーバー』


【感想と総評価】『甲鉄城のカバネリ』


【感想と総評価】『ふらいんぐうぃっち』


【2016年夏アニメ感想】(5話まで)


【感想と総評価】『Re:ゼロから始める異世界生活(2クール目)』さよなら、厭世観(えんせいかん)ラジオ


【感想と総評価】『甘々と稲妻』さよなら、厭世観(えんせいかん)ラジオ


【感想と総評価】『バッテリー』さよなら、厭世観(えんせいかん)ラジオ


【感想と総評価】『orange-オレンジ-』さよなら、厭世観(えんせいかん)ラジオ


【感想と総評価】『あまんちゅ!』さよなら、厭世観(えんせいかん)ラジオ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

【ラジオのあとがき】『響け!ユーフォニアム2』さよなら、厭世観(えんせいかん)ラジオ Jan 20, 2017
【ラジオあとがき】『Occultic;Nine-オカルティック・ナイン-』さよなら、厭世観(えんせいかん)ラジオ Jan 10, 2017
新年あけましておめでとうございます Jan 05, 2017
個人的な重大発表2 Dec 25, 2016
【3月のライオン】9話感想|「プロ」という胃に悪い職業 Dec 12, 2016
【舟を編む】9話感想|真・演出無双 Empires Dec 10, 2016
【響け!ユーフォニアム2】10話感想|感動してしまった・・・ Dec 08, 2016
【3月のライオン】8話感想|幸田京子・蠱惑的・幸田京子 Dec 08, 2016
映画『LEGOムービー』感想|私たちはいつから「普通」になった? Dec 04, 2016
個人的な重大発表 Dec 02, 2016