記事一覧




2016年秋アニメ感想

「【2016年秋アニメ感想】(5話まで)さよなら、厭世観(えんせいかん)ラジオ」をアップしました。


【甲鉄城のカバネリ】3話感想|カバネリ否定派は悪ではない

甲鉄城のカバネリ 第3話 「捧げる祈り」の感想です。
ネタバレあるので注意してください。


前回の記事で頂いたコメントを紹介します。
------------------------------------------------------
高慢だった大名お父様がカバネとなって再登場しましたが、まさかこんなに早く退場するとは思ってませんでした。
すでに武家社会は崩壊したよってことを暗示してるのかな?
そうだとしたら、社会がどう変わっていくのかも1つの見所ですね。
カバネリがどういった特殊能力を持っているのかも気になります。
噛まれても死なない、痛みも感じないって、なかなかの無敵野郎な気がしますが...
2016/04/23(00:41) まぐろ

------------------------------------------------------
カバネリがどんな存在なのか、甲鉄城が向かう金剛郭がどんなとこか、気になるとこですね。
3話で到着することはできるのでしょうか。



まず、物語を口火を切ったのはやはりカバネリと人間の対立でした。
来栖を筆頭に「カバネリって何だよ、カバネだろ」という態度。

そりゃそうだわな。

普通の人間からしたら、めちゃくちゃ怖いと思うで。
知能がある分、カバネより怖いと思います。
まともな人間の考えなら、そんな存在は排除します。

しかし今は、まともな考えではない人がリーダーなんですよね。

カバネリ31


「やめなさい!2人がいなければ、みんな死んでました」
まさかの「カバネリ肯定派」なんです、これが。笑
特に強いから用心棒に残しておこうなどの理論があるわけではなく、感情論でカバネリを肯定する菖蒲。

リーダーシップが若いっすね。


しかし、トップが肯定したからと言って納得しない人々が殆ど。
カバネリ暗殺計画が実行されることになる。
ここで発揮されるのが、菖蒲の頓知。
あえて、生駒を刺して彼の本心を反対派に落とし込むことに成功した。
生駒を信じていたからこその行動でした。

そして、無名が初めて破顔一笑したシーン。

カバネリ32


(ああ、なんだかんだ人間なんだ)
徐々にカバネリと人間が歩み寄る。

かーらーのー!

「お腹空いちゃった。血をちょうだい」


かーらーのー!

カバネリ33


これだ。
生駒のカバネ状態だ。

(ああ、やっぱりカバネだった)

なんで、カバネリ否定派を悪人のように描いたのだろう?
否定派にも感情移入できるような描写があった方が、カバネリという存在の危うさによる葛藤にも説得力は増すような気がするのだけど。
カバネリへと視聴者の感情を誘導することによって、生駒の戦闘シーンに爆発力を持たせようとする意図なのかな。
あくまでも、王道アクションアニメというスタンスなのかもしれない。

上手かったのは、カバネになった女性を妊婦にしたところ。
カバネになったとしても妊婦を躊躇なく殺した無名。
無名に歩み寄り始めた鰍は思っただろう。

「それでも人間なの?・・・人間じゃなかったわ」

親密になりかけたところで、カバネリという存在を一気に突き放すシーンでした。
簡単に仲良しになられても、リアリティがないですからね。




もう一つ印象的だったのは宗教的な一面。
・家族を弔いたい
・祈りが届かない


菖蒲の発案で葬儀を行うことになる。

カバネリ34

カバネという「理不尽の象徴」が世界の割合を大きく占めているからこそ、宗教の影響力は強いと思います。



そして、無名の首の布。

カバネリ35

外したら全力で戦えるそうですね。
いつ外すのか楽しみですね・・・、なんて思っていたら妊婦カバネを殺した時に、さっそく外しましたね。笑
無名の戦闘力は時間制限付きのウルトラマン仕様
力の代償にリスクを伴うのは良いと思います。


あとは、生駒の過去も語られました。
「よくある話だよ」という台詞が何度か出てきましたが、本当によくある話でしたね。
臆病だった自分が許せない」という強い気持ちが、生駒という男の性格のバックボーンだった。




なにはともあれ、引きの強い3話でしたね。
99.99999%で菖蒲がカバネになることはないので、来栖あたりが助けにくるのかな。
だって、人間の代表的な存在が、カバネorカバネリになったら序盤からぶっ飛ばし過ぎだし、物語も収拾つかないですもんね。
いやー、面白かった。


3話を観て、カバネの位置付けって『D.Gray-man』の「AKUMA(アクマ)」っぽいのかな?と思ったんですよね。
いやー、『D.Gray-man』は、本当にめちゃくちゃ面白いですよね。
漫画ランキングに入れるの忘れてたな・・・。

あ、よろしければ立ち寄ってみてください。笑
おすすめ面白い漫画ランキング | 何か読みたい漫画を探していますか?面白い漫画のおすすめランキングありますよ。


『D.Gray-man』の「AKUMA(アクマ)」と同じような位置付けなら、カバネはパワーアップしていくかもしれません。
それも人を殺せば殺すほど強くなるといった、「AKUMA(アクマ)」と同じ設定で。

カバネLv1、カバネLv2、カバネLv3・・・
こんな感じで強くなっていって、カバネリではないのに知能のあるカバネが出てきたりとか?

そんなんでも面白そうですね。


4話も観ます。

関連記事
ブログランキング・にほんブログ村へ

Twitter等でブログを紹介して頂けると、とても嬉しい気持ちになります。笑
専用のアカウントを作成したので、紹介して頂けたら勝手ながらリツイートさせて頂きます。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

↑にほんブログ村のランキングに参加しています。
1クリックで一票です。
応援して頂けると、嬉しいです。





私が使ってるおすすめサービス

【eBookJapan】

漫画、ラノベ、小説、実用書。
電子書籍はここに行き着きました。



【ゲオ宅配レンタル】

パソコンで注文→家にDVDが届く
映画鑑賞→ポストに返却
返却期間がないのが良い。



【Apple Music】

音楽を聴く人にはマジでおすすめ
amazarashiというバンドから宣伝。
私の好きなバンドです。




カテゴリー
こんな種類の記事を書いてます。

アニメ

2016年冬アニメ

Dimension W

この素晴らしい世界に祝福を!

僕だけがいない街

少女たちは荒野を目指す

灰と幻想のグリムガル

昭和元禄落語心中

2016年春アニメ

ぼのぼの

Re:ゼロから始める異世界生活

ジョーカー・ゲーム

迷家‐マヨイガ‐

甲鉄城のカバネリ

2016年夏アニメ

Rewrite

orange

甘々と稲妻

バッテリー

2016年秋アニメ

3月のライオン

響けユーフォニアム2

舟を編む

魔法少女育成計画

小説

ヘヴィノベル

漫画

映画

音楽

教養

トレンド

世界一周

単純に日記

読者さんと繋がる記事



2016年冬アニメまとめ

2016年春アニメまとめ

2016年夏アニメまとめ

2016年秋アニメまとめ




















さよなら、厭世観ラジオ

ラジオ始めました。

当ブログ『さよなら、厭世観(えんせいかん)』と同じく、アニメ、漫画、音楽、映画、小説などのことについて話していきたいと思っています。

宜しければ、お立ち寄りください。
↑画像をクリックするか、ここをクリックして頂ければ、私のチャンネルに飛びます。


投稿済みラジオ

【感想・総評価】『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』


【感想と総評価】『この素晴らしい世界に祝福を』


【感想と総評価】『灰と幻想のグリムガル』


【感想と総評価】『昭和元禄落語心中』


【感想と総評価】『僕だけがいない街』


【2016年春アニメ感想】(5話まで)


【感想と総評価】『迷家-マヨイガ-』


【感想と総評価】『Re:ゼロから始める異世界生活』

【感想と総評価】『ジョーカー・ゲーム』


【感想と総評価】『キズナイーバー』


【感想と総評価】『甲鉄城のカバネリ』


【感想と総評価】『ふらいんぐうぃっち』


【2016年夏アニメ感想】(5話まで)


【感想と総評価】『Re:ゼロから始める異世界生活(2クール目)』さよなら、厭世観(えんせいかん)ラジオ


【感想と総評価】『甘々と稲妻』さよなら、厭世観(えんせいかん)ラジオ


【感想と総評価】『バッテリー』さよなら、厭世観(えんせいかん)ラジオ


【感想と総評価】『orange-オレンジ-』さよなら、厭世観(えんせいかん)ラジオ


【感想と総評価】『あまんちゅ!』さよなら、厭世観(えんせいかん)ラジオ





ゲーム実況動画

元カノは友達だから問題ない





コメント

No title

hisashiさん、こんにちは。
毎回画が綺麗過ぎて魅入ってしまいます。
カバネの感染源となる物質を呪い、弔わないと迷い霊になってしまうなど、人々の価値観が宗教や迷信に支配されている中世的・前近代的な世界観が徹底されていますね。
hisashiさんのおっしゃる通り、この世界のカバネは理不尽、恐怖、憎悪の象徴であるので、カバネリというイレギュラーな存在を排除しようとする否定派の主張は、甲鉄城という小さな社会の秩序のためには当然と言えると思います。おそらく大多数の人々が否定派でしょう。そんな彼らが否定的に描かれたということは、生駒や菖蒲たちがカバネという敵を糧に、従来のそういった社会の枠組みを派手にぶち壊していく様を描きたいのかもしれませんね。どんな社会に変わっていくのか引き続き注目です。
妊婦のカバネが現れたことで、「カバネが孕む子供はカバネなのか?」という新たな問題も提示されましたね。呪いの正体を暴く手がかりになるのかもしれませんね。気になります。
そして、「カバネリに噛まれた人間はカバネになるのか?」という更に新たな問題を提示して終わりましたね。吸血鬼仕様のカバネリに、誰が、どうのように血を提供するのかが次回の見所だと個人的には思います。

Re: No title

コメントありがとうございます!



作画、力入ってますよね。
理不尽の拠り所が宗教というのは、いつの時代も共通していますが、まぐろさんのおっしゃる通り、中世的・前近代的な世界観ではかなり依存する割合は高かったと思います。


「これがお前たちが虐げていたカバネリだぁぁ!」という展開になるでしょうね。笑
立場の逆転までとはいかないまでも、イレギュラーが肯定されていく様子がこれから見られそうで楽しみにしています!


妊婦の件は、人間の倫理に反した「外道行為」を、あっさりやってのけた無名。
人間とカバネリの溝を描いた上手い展開だったと思います。
次回は多少理解者も増えて、血を分ける人(主要人物の誰か?)が現れるかもしれませんね!

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

hisashi

Author:hisashi
大学時代に世界一周したら、オタクになって日本に帰ってきました。

アニメ、漫画、音楽、小説、映画など!
基本的に物語が好きなので、そういったことについて記事を書いています。

ブログランキング

投票よろしく!!!

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


ブログのアクセスUPならアルファポリスへ!

スポンサードリンク

ラジオ

さよなら、厭世観ラジオ


投稿済みラジオ

【感想・総評価】『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』


【感想と総評価】『この素晴らしい世界に祝福を』


【感想と総評価】『灰と幻想のグリムガル』


【感想と総評価】『昭和元禄落語心中』


【感想と総評価】『僕だけがいない街』


【2016年春アニメ感想】(5話まで)


【感想と総評価】『迷家-マヨイガ-』


【感想と総評価】『Re:ゼロから始める異世界生活』

【感想と総評価】『ジョーカー・ゲーム』


【感想と総評価】『キズナイーバー』


【感想と総評価】『甲鉄城のカバネリ』


【感想と総評価】『ふらいんぐうぃっち』


【2016年夏アニメ感想】(5話まで)


【感想と総評価】『Re:ゼロから始める異世界生活(2クール目)』さよなら、厭世観(えんせいかん)ラジオ


【感想と総評価】『甘々と稲妻』さよなら、厭世観(えんせいかん)ラジオ


【感想と総評価】『バッテリー』さよなら、厭世観(えんせいかん)ラジオ


【感想と総評価】『orange-オレンジ-』さよなら、厭世観(えんせいかん)ラジオ


【感想と総評価】『あまんちゅ!』さよなら、厭世観(えんせいかん)ラジオ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

【ラジオのあとがき】『響け!ユーフォニアム2』さよなら、厭世観(えんせいかん)ラジオ Jan 20, 2017
【ラジオあとがき】『Occultic;Nine-オカルティック・ナイン-』さよなら、厭世観(えんせいかん)ラジオ Jan 10, 2017
新年あけましておめでとうございます Jan 05, 2017
個人的な重大発表2 Dec 25, 2016
【3月のライオン】9話感想|「プロ」という胃に悪い職業 Dec 12, 2016
【舟を編む】9話感想|真・演出無双 Empires Dec 10, 2016
【響け!ユーフォニアム2】10話感想|感動してしまった・・・ Dec 08, 2016
【3月のライオン】8話感想|幸田京子・蠱惑的・幸田京子 Dec 08, 2016
映画『LEGOムービー』感想|私たちはいつから「普通」になった? Dec 04, 2016
個人的な重大発表 Dec 02, 2016