記事一覧




2016年秋アニメ感想

「【2016年秋アニメ感想】(5話まで)さよなら、厭世観(えんせいかん)ラジオ」をアップしました。


【魔法少女育成計画】9話感想|ついに、パンドラの匣を開けた

魔法少女育成計画 第9話「ルール変更のお知らせ」の感想です。
ネタバレあるので注意してください。


こことは関係ないんすけど・・・

「3月のライオン」!!!

今日はお休み!!!


びょええええええ!!!


9話スタートです。





感想


ほら〜!!!
ほらほら〜!!!

トップスピードが・・・(泣)







覚悟あるんだろうな?


おん?

魔法少女81


この物語に、トップスピードを殺る覚悟はあるんだろうなぁぁああ??

前回の記事(【魔法少女育成計画】8話感想|なぜ戦わされている?そこが重要や!)でも言いましたが、やってることはデリケートなことなんですよ。
だって、トップスピードは妊婦なんですよ。
そう軽々と無下にして良い設定ではないんです。

納得するような運営側の言い分がなければ・・・





私はキレます!!!!



”命”を誕生させる者
”命”として誕生する者


祈りまっせ。↑を下品に扱っていない作品であることを。
「リップルVSスイムスイム」のお膳立てになってないことを。

魔法少女82


祈ってまっせ?



このブログで伝えたいことは、そんな感じかな。
熱くなってしまいましたが、仕方がないでしょう。
私は”殺し合い”という、その言葉の意味をそのまま楽しむことは出来ません。
「それを楽しめ」と言われれば、ブログを書き出したのはチョイスミスでしょう。

でも、”単なる”殺し合いの、何が面白いんですか?

なぜ、人と人は傷つけ合うのか?
そこには必ず理由があって、実は私たちもそこに関与している可能性がある。
たとえ、ただ「幸せになりたいだけでも」です。
私たちは、無意識のうちに殺し合いに関与している可能性がある。

魔法少女83


そこに光を当てるのが、フィクションの「殺し合い」だとは思うのですが。
私が言ったこと以外でも、他にテーマはあるとは思います。
でも、「何か」に光を当てないと意味がないとは思うんですよ。

ただ、殺しあってるだけの物語って、


何が面白いの??


ってなりません?
どうなんだろう。世の中の需要が分からない。




ここまで書くと、「魔法少女育成計画」を批判しているように聞こえるかもしれませんが、全然そんなことはないんですよ。
本当に、「なぜ、魔法少女たちは戦わされているのか?」という結末次第なんです。

魔法少女84


スノーホワイトもリップルも自覚していることがありますよね。

”魔法少女”は困っている人を助けなければいけない

↑これだと思うんですよ、私は。
「困ってる人を助けたい」けど、「なぜか殺し合いに参加せざるを得ない状況に立たされている」という関連性だったり、因果だったり。

そういうのを期待してます。
期待してもいいのか?
でも、期待してます。
それ以外でも、”何か”を期待しています!

(咳払い)

私は「殺し合い」を楽しめないので。
てなわけで、9話も観ます。

おわり。





TVアニメ『魔法少女育成計画』キャラクターソングアルバム「Musica Magica」





魔法少女育成計画 リップル フルカラーパスケース





魔法少女育成計画 ラ・ピュセル プレートバッジ






にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

”楽しんだ”ことを共有をしたり、”感動”を共有したり。
そういった記事を書いていきたいです。
時には、批判的になったりもしますが、たかだか私の意見なので気にしないで下さい。笑
また、私なりの解釈ではありますが、内容理解の足しになれば幸いです。

↑足を運んでもらったついでに、1票もらえると嬉しいです。



また、あなたの感想だったり、「お疲れ〜」でも「アホー」でも何でも良いのですが、コメントを頂ければと思います。
Twitterでも繋がれたら嬉しいですね。
お待ちしております!

関連記事
ブログランキング・にほんブログ村へ

Twitter等でブログを紹介して頂けると、とても嬉しい気持ちになります。笑
専用のアカウントを作成したので、紹介して頂けたら勝手ながらリツイートさせて頂きます。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

↑にほんブログ村のランキングに参加しています。
1クリックで一票です。
応援して頂けると、嬉しいです。





私が使ってるおすすめサービス

【eBookJapan】

漫画、ラノベ、小説、実用書。
電子書籍はここに行き着きました。



【ゲオ宅配レンタル】

パソコンで注文→家にDVDが届く
映画鑑賞→ポストに返却
返却期間がないのが良い。



【Apple Music】

音楽を聴く人にはマジでおすすめ
amazarashiというバンドから宣伝。
私の好きなバンドです。




カテゴリー
こんな種類の記事を書いてます。

アニメ

2016年冬アニメ

Dimension W

この素晴らしい世界に祝福を!

僕だけがいない街

少女たちは荒野を目指す

灰と幻想のグリムガル

昭和元禄落語心中

2016年春アニメ

ぼのぼの

Re:ゼロから始める異世界生活

ジョーカー・ゲーム

迷家‐マヨイガ‐

甲鉄城のカバネリ

2016年夏アニメ

Rewrite

orange

甘々と稲妻

バッテリー

2016年秋アニメ

3月のライオン

響けユーフォニアム2

舟を編む

魔法少女育成計画

小説

ヘヴィノベル

漫画

映画

音楽

教養

トレンド

世界一周

単純に日記

読者さんと繋がる記事



2016年冬アニメまとめ

2016年春アニメまとめ

2016年夏アニメまとめ

2016年秋アニメまとめ




















さよなら、厭世観ラジオ

ラジオ始めました。

当ブログ『さよなら、厭世観(えんせいかん)』と同じく、アニメ、漫画、音楽、映画、小説などのことについて話していきたいと思っています。

宜しければ、お立ち寄りください。
↑画像をクリックするか、ここをクリックして頂ければ、私のチャンネルに飛びます。


投稿済みラジオ

【感想・総評価】『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』


【感想と総評価】『この素晴らしい世界に祝福を』


【感想と総評価】『灰と幻想のグリムガル』


【感想と総評価】『昭和元禄落語心中』


【感想と総評価】『僕だけがいない街』


【2016年春アニメ感想】(5話まで)


【感想と総評価】『迷家-マヨイガ-』


【感想と総評価】『Re:ゼロから始める異世界生活』

【感想と総評価】『ジョーカー・ゲーム』


【感想と総評価】『キズナイーバー』


【感想と総評価】『甲鉄城のカバネリ』


【感想と総評価】『ふらいんぐうぃっち』


【2016年夏アニメ感想】(5話まで)


【感想と総評価】『Re:ゼロから始める異世界生活(2クール目)』さよなら、厭世観(えんせいかん)ラジオ


【感想と総評価】『甘々と稲妻』さよなら、厭世観(えんせいかん)ラジオ


【感想と総評価】『バッテリー』さよなら、厭世観(えんせいかん)ラジオ


【感想と総評価】『orange-オレンジ-』さよなら、厭世観(えんせいかん)ラジオ


【感想と総評価】『あまんちゅ!』さよなら、厭世観(えんせいかん)ラジオ





ゲーム実況動画

元カノは友達だから問題ない





コメント

No title

>ブログを書き出したのはチョイスミスでしょう
・・・・・・
そうなる予感しかしません

初期の頃にコメント書きましたが、このラノベは本来たった1冊分しかなく、キャラの掘り下げは短編集からもってきたものであること、
シリーズものなので当然続刊があるわけですが、その度に大量の新しい魔法少女が登場するわけでして(そろそろ100人いくんじゃないのかな)、作品のコンセプトを取り間違えたまま見続けているような気しかしません・・・
断言しますが「何故殺し合わなければならないのか」がテーマではありません
1つの大きなテーマがあってそれを軸に作られるメッセージ性の強いタイプの作品もあれば(恐らく管理人の好みはこちら)、各キャラクターがその場その時に考えたことで物語が偶発的に進み、流れに身を任せて物語を動かすことを重視し、作者にすら途中では結末がわからないようなタイプの作品があります
魔法少女育成計画は後者のタイプです(実際に作者は後書きで、誰が生き残るかが直前で変わることがよくあると述べています)

長文失礼しました

No title

これはちょっと複雑で殺し合いをするか何で死ななきゃいけないのかで無く原因ですね。今回のアニメ出るだろう全体的部分では表面上の理由は出てきますけど実のところそれが総てではないです、何故ならhisashiさんが言っている結末で無く『始まり』起因ですから(個人的に本当は今回の直ぐ後に出た『魔法少女育成計画restart』の話を繋げてアニメ化するべきだと思うんですけどね~何が起きていていたのかを詳しく知るための話でもあるので)
後スイムスイムよりシスターナナの方がその本質的に悪い意味でやばかったんですがアニメはカットされたようです(知るとウィンタープリズンがかわいそうになっていましたねRe:ゼロ二期やれば似たようなのが出てくるんでトラウマになりそうです・・・)

Re: No title

コメントありがとうございます!


>そうなる予感しかしません

そうなんですか。
これはブログを書くのは止めといた方が、良いかもしれないですね。
正直に書き続けると、不快に感じる人が増えていく可能性が高いし、それは本意ではないので。




>各キャラクターがその場その時に考えたことで物語が偶発的に進み、流れに身を任せて物語を動かすことを重視し、作者にすら途中では結末がわからないようなタイプの作品があります。

「結果」や「展開」を楽しめれば良いとは思うのですが、如何せん「なぜ?」「どうして?」と考えながら物語は観てしまいまして。
個人的に物語は、「考える」きっかけ、「自分を見つめ直す」きっかけ、「他人を見つめ直す」きっかけとしていて、完全に娯楽で楽しむのはミステリーとか、その他ほんの僅かな作品だけなんですよ。
殺し合いをして、そこに理由がないのであれば、単純に私と相性が悪いんでしょうね。
毎話感想記事は中止か続行か考えておきます。


Re: No title

甘露煮さん、コメントありがとうございます!


「原因」と「『始まり』起因」ですか。
それは気になるところですね。

甘露煮さんが仰るような、「『魔法少女育成計画』って何が起きているのか」というのを作中で小出しにしてくれたら、もっと楽しめるんだけどなぁ〜、というのが本音ではあります。

例えば、運営が「強い魔法少女が必要だから探す。もしくは、戦わせて育てる」というのであれば、なんでそれが必要なのか?
「倒さないといけないやつがいる」というのであれば、なんで倒さなくてはいけないのか?
「魔法の世界みたいなのがあって、そこが乗っ取られそうだから」というのであれば、なぜ一般人が巻き込まれなければいけないのか?
・・・という具合で(例え話ですけどね。笑)、「なんで?」の階段を登っていきたいんですけど、今のところ「これって魔法少女同士が殺しあうアニメなんだよな」という第一印象から一歩も階段を上がれずにいるんですよね。
だから、「なんのために、この人たちは殺し合っているんだろう?」という疑問を抱いたまま、9話まで感想を書き続けたという感じです。


シスターナナは、ウィンタープリズンを魔法少女に入れた動機を語った時に「こいつヤバいな。ラスボスか?」と思ったのですが、やっぱりヤバかったんですね。観てみたかったなぁ。
ブログも捗ったろうに・・・。

「魔法少女育成計画」に関しては、もしかしたら毎話感想をやめるかもしれません。
遊びに来てくれた方を不快にさせてしまうのは嫌ですし、その可能性が高くなっていきそうな予感がします。
視聴は続けますし、「これは感想を書きたい!そして、たぶんこの感想を不快に感じる人は少ないはず!」と思った回があれば、更新させて頂きます!

トップスピードの件、非常に残念でした...。妊婦さんだなんてデリケートすぎる問題だと思います。
私は子供がおりますが、妊娠中の10ヶ月は、それはもう言い尽くせないくらい様々な思いが詰まった日々でした。命って重いです。本当に。
なので、トップスピードの死が筆者様の言う通りただのお膳立てだとしたら、心底ガッカリです。そんなに軽く扱える問題ではないと思います、トップスピードの死に説得力のある理由がなければ納得できません。
(切迫流産の妊婦さんが、このシーンを見てショックで流産してしまったらどうするんだ...とか思いながらテレビを見ていました)

無意味な魔法少女の殺し合いなど、意味がわかりません。人に発信する物語なのだから、私はテーマや意味を持って発信してほしいですね。

批判別に良いと思います!ブログは書く側の自由なのですから、それが嫌な方は読まなければいいのです、と私は思います(笑)

No title

>シスターナナの方がその本質的に悪い意味でやばかった
本編に関わってくる重要な設定ってわけじゃないのでネタバラしてしまいますが、
 スイムスイムの行動原理が
ルーラを尊敬している
→ルーラのようになりたい
→ルーラがいたらルーラになれない
→ルーラを殺して私がルーラになる
というサイコパスなのに対して、
 シスターナナは、自己愛が非常に強く、王子様庇って死にたかった(別にウィンタープリズンがそんなに好きだったわけでもなく、わざと危険なことしたら庇ってくれる都合の良い王子様だった)
→土壇場で自分だけ助かろうと逃げてしまった(夢がかなわなくなった)
→じゃあ王子様を追って死ぬ悲劇のヒロインになればいいか

というだけです。(文章として読むと、最初は表層的な言動が述べられていたのが、後に内面や本心が語られる構成になっており、意外な展開に驚くようになっています)

舞台の影にいる組織は名探偵コナンの黒の組織みたいなもんですね。人気を見ながら情報を小出しにしていけるので、連載をする上で作家や出版社にとって都合の良い設定です(^_^)

これはフィクションであるのだから、個人的には社会性やモラルといったものを気にする必要はないと思っています。
極一部の名作を除いて、プロットを徹底的に決めてしまうと、キャラクターが物語りを動かすのではなく、物語にキャラクターが動かされてしまっている作品が往々にしてあります。
キャラクターの設定だけ決めて、出たとこ勝負するお話もそれはそれで面白さがあると思うのですが、そこに無理矢理意味やテーマを見出そうとして批判すると、お互いに不幸なことになってしまうと思いました
(ちなみに灰と幻想のグリムガルも世界観と舞台裏の設定(オチ?)だけ大まかに決めて後はキャラクターが物語りを手探りで作っていくタイプの作品ですが何が違うんですかね。原作読みましたか?二期やったら期待通りなのか幻滅するのか気になるところです)

No title

連投失礼します
考えてみたんですけど、殺し合いさせる展開って理由は大体
生存競争、蠱毒、娯楽(見世物)
のどれかでしょう
後者に行くほど反社会的なものになるので、フィクションであっても嫌悪感を持つ人が結構いますし、理由やテーマはあってないようなものに感じるのかなあと(正義感の強い人は本質的に受け入れられない、理解できない)
ただ、悪意も全ての人が持っている本質ですし、精神異常も「何故?」の考察の対象にはなりえます
あんまり深入りしても良いことなさそうですがw
「自分を見つめ直す」「他人を見つめ直す」きっかけは、世の中にはいろんな人がいる、見聞を拡げることが出来る、フィクションだからこそ表現できる人の闇の部分、でどうでしょうかw

Re: タイトルなし

苺さん、コメントありがとうございます。
おそらく、はじめましてですよね。
hisashiと申します!
よろしくお願いします。


実際に妊娠したことのある方でしたら、よりショックだったでしょうね。
ブログにも書いたんですけど、トップスピードの設定が分かった時「嫌だなぁ」と思いまして。
リップルとスイムスイムの確執を作るのは物語としての展開だとは思うんですけど、その展開とその設定は事の重大さが見合ってるのかな?とは感じてしまう部分ではあります。

物語は、作者が意図して「テーマ」を決めるものがあったり、「テーマ」決をめないものがあったりするとは思いますが、少なくとも私たちが何かを汲み取れるものがあるとは思っていまして。
それって、作者と私たちの相性次第でもあるのかな?と、このコメント欄の中で考えたことでもあります。
でも、個人的になにかしら「これを伝えたい」がある作品の方が、やっぱりブログも書きやすいし、そういった作品が好きなんだろうなぁ、と再認識しました。
それは、「テーマ」でも「キャラクターの想い」でも、何でも良いんです。


そう言って頂けると、大変心強いです。
ありがとうございます。
なかなか難しいところではありますね。
もちろん自分が楽しいからやっていることではあるのですが、個人的に「綺麗事を語りたい」だったり、「若い人たちに、アニメを通して何かを考えるきっかけになってほしい」という考えからブログをやっているところもありまして。
その辺を考えると、「魔法少女育成計画」の感想記事を書く理由を見失ってしまいそうだ、というのが本音だったりしますね。

でも、苺さんのコメントはすごく嬉しかったです。
ありがとうございます。

Re: No title

シスターナナの狂気はそういった感じだったんですね。
アニメで見せた一面も”自己愛”でしっくりきます。
「名探偵コナンの黒の組織」というのも、なんかしっくりきますね。
確かに、そんな感じになりそうな予感がします。笑

キャラクターの設定だけ決めて、自由に動いてもらう作品を否定する気はないんですよね。
本当に、「その時の自分」が”何か”を感じ取るか否かだとは思うんですよ。
だから、5年前、もしくは5年後。「魔法少女育成計画」を観たら、また違った感想を持っていたかもしれないです。

「灰と幻想のグリムガル」は、それぞれのキャラクターに感情移入したんですよね。
「お前の言いたいことも分かるんだけど、ランタの言ってることも間違ってはいないんだよなぁ」みたいな感じかな。笑
最後まで、主人公と「マナト・・・。マナト・・・。」と思ってた記憶もあります。
しかし、マナトって結局どんな奴だったんだろう?と気になったりもして。
でも、ゴブリンがマナトを標的にしたのと、主人公たちがゴブリンを標的にするのって何が違うんだろう?とかも考えたりしたので、少なくとも1期は好きでした。
つまり、意図したテーマがなかったとしても、色々と考えるきっかけがたくさんあったんですよね。
相性が良かったんだと思います。

ちなみに、ライトノベルは、ほぼ読んだことないです。
友人の家で「狼と香辛料」を読んだりしたくらいです。

もちろん、フィクションだからこそ表現できることではあるというのは同感です。
狂気に関しては、リゼロの感想記事で「青酸クリームソーダ」とか、「少女たちは踊る暗い腹の中踊る」を紹介させてもらったこともあって、扱う物語の素材としては全然嫌いではないんです。
むしろ、狂人の思考回路を考えてみるのは好きだったりします。

原作は分からないのですが、アニメ「魔法少女育成計画」に関しては私には合ってないんでしょうね。
狂気についても、「なぜ?」と考えようとしてもヒントが少ないというか、何を言っても一般論になってしまいそうな気がするんですよ。
一言でいうと「ブロガー泣かせのアニメ」といった感じかな。笑
読者さんに「それ、当たり前じゃね?わざわざブログで書くこと?」と思われそうな気しかしないというか。
人の闇について書こうにも、「狂気」の上澄みを掬ったような文章しか書けないというか。

あくまで、私はアニメ「魔法少女育成計画」についての感想ですからね。
原作とは別物であることは承知していますし、原作まで批判する気はまったくありません。

やっぱり相性が良くないのかな、なんて思います。
他のブロガーさんだったら、もっと面白い感想が書けるのだと思います。
まだまだ修行不足ですかね。

自己紹介が遅れ、申し訳ありませんでした。
改めて... 初めまして。苺と申します。
一児の母です(笑)よろしくお願い致します。

ちょっと熱くなってコメントを書いてしまったな、と反省しております。他の方のコメントを拝見し、なるほど、伝えたいものが有る作品ない作品があるのだなと納得しました。ある程度の規定の枠内であれば、それは作り手側の自由ですよね。

ただ、私はhisashiさんと同じく、何かしらメッセージ性がある物語が好きなようで。9話を視聴後なんとなく嫌悪感を覚えてしまいまして...。
嫌悪感も「心が動く」という意味での「感動」と考えるなら、それはそれでスタッフ側は物語の制作に成功しているのかも知れませんが。大分悪趣味ではありますが(^^;

そんなわけで...これまでのやるせない展開と釣り合うような、少しでも希望や意味のあるラストになってくれれば、、と願うばかりです(;_;)そうでなかった時のダメージが強すぎるので、期待しすぎず期待しています(;_;)

Re: タイトルなし

苺さん、これからもよろしくお願いします!
お子さんがいらっしゃるんですね。
私は独身です。笑

いえいえ、とんでもないです。
確かに作品というのは、作り手の自由なんですよね。
でも、苺さんの解釈は、なんというか・・・。
すごく優しくて、私は好きです。

今回のコメント欄で、私も色々と考えました。
「物語」「倫理観」「フィクション」「エンターテイメント」
そして、「価値観」「テーマの有無」ですよね。

”人それぞれ”と言ってしまえば、一般論になってしまうのですが。
この記事では、個人的に『魔法少女まどか☆マギカ』という名作の影がチラついて、『魔法少女育成計画』にも何かを期待してしまったというのが摩擦を生んだのでしょうね。
あとは、原作ファンもいるという点で、もしかしたら原作の魅力をアニメが生かせていないのかもしれないのかもしれません。

何にしても、この物語がアニメ化されたということは需要があったということで。
その要因が「魔法少女」なのか、「殺し合い」なのか、その化学反応なのか。
それとも、他にあるのか。
その辺を考えつつ、観ていこうかなぁ、なんて私は思っています!

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

hisashi

Author:hisashi
大学時代に世界一周したら、オタクになって日本に帰ってきました。

アニメ、漫画、音楽、小説、映画など!
基本的に物語が好きなので、そういったことについて記事を書いています。

ブログランキング

投票よろしく!!!

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


ブログのアクセスUPならアルファポリスへ!

スポンサードリンク

ラジオ

さよなら、厭世観ラジオ


投稿済みラジオ

【感想・総評価】『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』


【感想と総評価】『この素晴らしい世界に祝福を』


【感想と総評価】『灰と幻想のグリムガル』


【感想と総評価】『昭和元禄落語心中』


【感想と総評価】『僕だけがいない街』


【2016年春アニメ感想】(5話まで)


【感想と総評価】『迷家-マヨイガ-』


【感想と総評価】『Re:ゼロから始める異世界生活』

【感想と総評価】『ジョーカー・ゲーム』


【感想と総評価】『キズナイーバー』


【感想と総評価】『甲鉄城のカバネリ』


【感想と総評価】『ふらいんぐうぃっち』


【2016年夏アニメ感想】(5話まで)


【感想と総評価】『Re:ゼロから始める異世界生活(2クール目)』さよなら、厭世観(えんせいかん)ラジオ


【感想と総評価】『甘々と稲妻』さよなら、厭世観(えんせいかん)ラジオ


【感想と総評価】『バッテリー』さよなら、厭世観(えんせいかん)ラジオ


【感想と総評価】『orange-オレンジ-』さよなら、厭世観(えんせいかん)ラジオ


【感想と総評価】『あまんちゅ!』さよなら、厭世観(えんせいかん)ラジオ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

【ラジオのあとがき】『響け!ユーフォニアム2』さよなら、厭世観(えんせいかん)ラジオ Jan 20, 2017
【ラジオあとがき】『Occultic;Nine-オカルティック・ナイン-』さよなら、厭世観(えんせいかん)ラジオ Jan 10, 2017
新年あけましておめでとうございます Jan 05, 2017
個人的な重大発表2 Dec 25, 2016
【3月のライオン】9話感想|「プロ」という胃に悪い職業 Dec 12, 2016
【舟を編む】9話感想|真・演出無双 Empires Dec 10, 2016
【響け!ユーフォニアム2】10話感想|感動してしまった・・・ Dec 08, 2016
【3月のライオン】8話感想|幸田京子・蠱惑的・幸田京子 Dec 08, 2016
映画『LEGOムービー』感想|私たちはいつから「普通」になった? Dec 04, 2016
個人的な重大発表 Dec 02, 2016